読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戯言NOTE

アラサー女子のなんてことのない日々。詳しくはid:をクリック。

お題ブログ〜⑤

今週のお題「卒業」

 

卒業、卒業式…とりあえず泣いたことはないかな。あと別にしんみりともしなかった。

昔、某アイドルソングで、卒業式で泣かないのは冷たい人なの?的な歌詞があったみたいですが、自分完全にそれだよ( ̄^ ̄)

 

でも卒業だって、最後だって言われても…思い出ないのに泣けるわけないんだよね。

小・中学校は周りと言い争いやそれに伴う小さなトラブルが絶えなくて、日々イライラしてて。話をする子は結構いたけど友達と言えるかは別。高校は周りに溶け込むタイミングを完全に逃し、あとは以前お題ブログ(タラレバ回)で書いた通り。

 

いじめや嫌がらせまではなかったけど…人間関係険悪で、あまり楽しい思い出はなかったです。

普段の生活だけじゃなく、学校行事もそこまで思い出って感じがしません。その時は盛り上がってるつもりでも、振り返ると「そんなに面白かったっけ?」みたいな。まあ、そんな人間関係の中での出来事なら当たり前なのか。

そんな6or3年間を過ごしてからの卒業式なんで、涙も出ない。感動もしない。むしろ周りの女子がほとんど泣いてるのに引いた。世の中の、卒業式=感動みたいな流れも冷めた目で見てた。

 

ただ唯一、「卒業式という独特な雰囲気」は、それに浸ることは好きだった気がします。その日は、他の学校行事とは全然違う雰囲気…それが何か好きでした💖

流石の私も、仲良かった子数人に寄せ書き(卒アルの後ろページ)もらったり、部活の後輩からの寄せ書きやプレゼントが嬉しかったり🎁

 

 

高校まではそんな感じでしたが、短大の卒業式は全然違いました。

短大では、今までの自分を変えようと意識して、友達がたくさん出来たし、高校までより濃い経験が出来ました✨だから、泣くまではしなかったけど、卒業式にすごく特別な感情を覚えたし、その後の謝恩会でも友達とたくさん語って短大生活を懐かしみました💐

進路の不安はありつつ、本当に「卒業」したんだと思えた大切な時間でした。

 

本当長くなったけど、これが私の「卒業」の話です。